【諸々の法は影と像のごとし】人生を豊かに生きていけるパスポートは、○○○○○○人だ!!

六根清浄大祓にある一節
諸々の法は影と像のごとし
この世の事象はすべて幻
あると思えばあるし
無いと思えば無い
踊る側になるか
踊らせる側になるか
全て決めるには己自身

余人をもって変えがたい
果たして本当にそんな人が
いるのだろうか?
人がいなくても地球は廻るし
太陽は輝いている。
今迄に多くの偉人と言われる人が
亡くなってきたが、
問題なく時は流れている。
つまりそういうことだ

見せながら隠す
見せているんだから
隠している訳ではないが、
見る者が観ようと思い
意識しなければ、
ずっーとあったことすら
気づかない。
すべてはハナから存在している


上善は水の若し。
水は善く万物を利して争わず、
衆人の悪む所に処る、
故に道に幾し。

闇から光をみる。
人としての在り方を
見つめ直してくれる言葉である。
日々の自らの行いが
我欲に満ちたものだと
他者から攻撃される人となるであろう。
攻撃されない人になることが、
人生を豊かに生きていけるパスポートだ。