【至る】天に通じる行動を測る基準となるものは○○

何が起きてもそれが現実
その現実を受け入れ、
より最善を尽くす。
自分が描くストーリーは、
我欲が紛れ込まない様に。
五常の仁義禮智信
最近特に義が氣になっています。
利欲の捉われることなく、
なすべきことを行う心。
我欲利欲ではなく、
大義を為す行動を
率先して行う

このままいったらお終い
感の良い人なり薄々感じているはず
本物しか残らない時代に入った
神一厘
自分が行なっている行動は、
何に端を発しているのか。
我欲かそれとも公益か
我欲から発したものは、
良い様にみえても
それは天の道に有らず。
至るは天の道に通じる行動を。

そして、
実体を見ずに、意識を感じる。
朝の大和神社での七式をやっている時に、
降りてきた言葉。
実体にばかりに気がいくと
本質を見誤る。
起きた現象に起因するのではなく、
起きる要因に氣づき、
それを改善する。

人間自体が不完全なもの。
なのに、
絶対・100%・永遠。
マーケティングのキャッチコピーに使用しているのをみかけることはあるが、
そういう言葉を使うビジネスほどダメなビジネス。
明日の保証は誰にも無いのに
それなのに使うのは他人事だから。
自分に与えられた生を全うするにはどうしたら良いかを
節目節目で考え、
それに沿ってその行動が正しいかどうかを判断する。

チェーンメールを送られてきた方が、
LINEのグループにそのメールをUP。
読んでいてどうも胡散臭いと思ったら
案の定数分後にチェーンメールでしたと。
今朝の新聞にもニュースとして掲載されていたが、
新型インフルエンザに関するもの。
情報ソースの確認が絶対に必要だし、
事実確認が取れていないのに、
それを拡散するという行為も如何かと思う。
フェイクニュースなどもそうだが、
それを流すことで誰が得をするのか
ただ単に混乱を楽しむ愉快犯なのか
いずれにしても
それらに振り回されない主体的な気持ちや行動が大切である。

表面ばかり見ていても
本質はわからない。
同じ言語でも
経験の差異によって、
伝わっている深さが違う。
時間は誰にでも公平にある様にみえて、公平では無い。
有効に時間を使うことの出来る者もいれば無為に使う者もいる。
時を司る
すべて己の心掛け次第。