【納税対策】相続後の運用で揉めてしまう!?「不動産の共有名義」のデメリット

相続・贈与相談センターマガジン2020年9月号より

居住用の住宅ですと
購入にあたり夫婦間でどちらがどれだけ用意したかという
割合に応じて持分にする共有名義とする場合がある。
親御さんからの居住用財産の贈与を受けた場合にも
節税対策としても必要なこととなる。
今回は、
相続時における
相続人の共有名義のデメリットと回避策
です。