【伝えることは訊くこと】意図を端的に伝えるためには、明確で的確かつ簡潔に情報を伝達させる

高校の化学の授業の時に
授業を聞く態度が悪いと
怒られた記憶がある。
今思えば、
授業の内容がつまんなくて
そういう気持ちが
態度に出ていたのだと。
自分を正当化するつもりはないが、
伝え方の問題がなかったのか
と今は思うが...
いかに。

人はそれぞれの思考のフィルターに
かけて聞き分けをしている。
知識が欠落している分野においては、
聞き違いが起きやすい。
さらに思い違いが拍車をかけて、
ボタンの掛け違いが起きる。
すべてを分断していると
かなりの確率で発生する。
これを回避するためにも
聴くという事
そして、
訊くことが大切である。

喉だけを使って声を出して続けると
直ぐに声枯れになる。
腹から声を出していれば
声枯れにならず、
長時間声を出し続けることが出来るし、
遠くまで声が通る。
対象となる相手が
動いていようが
止まっていようが、
こちら側の意図を端的に伝えるには、
わかりやすい共通言語と
明確に伝わる方法での伝達。
指示も途中で変わることもあるので、
切り替えるタイミングを伝えるのも
明確に伝える。

野球であれば、
左中間や右中間に打球が抜けた時に、
中継に入るショートやセカンドなどに
明確で的確にそして簡潔に伝えなければ、
指示通りには動いてくれない。
そうなると
アウトに出来るタイミングでも、
みすみす次の塁への進塁を許してしまう。
明確で的確にそして簡潔に伝え、
綺麗に中継が完成し、
アウトをとれると気持ちがいい~

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様