【サブリース方式】国交省・消費者庁・金融庁から契約前の注意喚起が発令!!!プロならもっと勉強しなさいよ!!!

国土交通省 令和2年11月18日 Press Release 
一部抜粋

賃貸住宅経営や管理の知識・経験に乏しいオーナーが、
マスタリース契約(サブリース業者がオーナーから建物を一括して借上げ、転貸する賃貸借契約)の締結に際し、
家賃保証等の契約条件や賃貸減額等のリスクなどを
十分に理解しないまま、
賃貸住宅経営に参入し、
契約後、
当該契約を巡るトラブルが発生しており、
一部では社会問題化した事例があります。

国交省HP↓
報道発表資料

貸主はプロでは?
という疑問がわく。
また、
ザル法だから注意喚起をしているのでは、
と勘ぐってしまう。
専門家じゃない大家という存在というか
立ち位置が良くない。
大家業をやるならチャンと勉強しなさい。
管理や法的知識に長けていれば、
避けられること。
入居者を守る意味でも必要なことです。
何度も言いますが、
事業者としての心構えが必要です。
自分の目の行き届かないものには、
手を出さない。

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様

税理士法人 A to Y 
〒460-0014 愛知県 名古屋市中区富士見町7-11 
電話番号 052-331-0286
FAX番号 052-331-0317