Tag Archives: 家賃収入を確実にあげるための不動産投資のノウハウ,不動産投資のとくちゃん,不労所得,副業,副収入,初心者,起業,脱サラ,精神世界,投資,運用,利回り,セミナー,失敗

【反復練習】無意識を意識下に置く野球を通じての稽古方法は○○○が基本

No Comments

足から体を運んで
体の正面でボールを取る。
雨でグランドが使えず、
体育館での練習。
こんな状況だからこそ、
練習の方法を変えながら
足から体を運ばせる習慣づけを。
慣れてくれば、
相手の手から離れる瞬間に
高い球なのか低い球なのか
それとも右が左か
何処にくるか察しがつき、
意識せずとも
体の正面で取れるように
体を運んでいる。
意識して足から動く様に
反復練習。
そして無意識に出来る様に
ひたすら繰り返す。
これが出来て次のステージへ。

下手くそのクセに難しい捕り方をする
状況を説明すると上記の表現になります。
が、
本質は、
下手くそだから難しい捕り方になってしまう。
上手い人は足を動かし、
来ているボールの正面に体を入れて、
自分が獲り易いところで獲る。
やって見せてたり、
何度も伝えているのだが、
何回言っても足が動かない。
多分、ボールが怖くて、
当たったら痛いからだろうが…。
案の定というか、
なかなか直さないので、
結果的に顔というか目にボールが当たってしまう。
自分が意識せずとも出来たことを
出来ない子に教えるってことが、
一番難しい^_^;

自分が何も悩まずに出来たことが
出来ない子にあの手この手で
出来る様になるように伝える。
何度も確認して、
本人達に伝わったかどうか
本人からフィードバックをもらう。
そしてその確認をして、
家で繰り返しやってくることを
期待する…が。
この家で繰り返しやる様に
やってくることも
どうしたらやってくる様になるか
ここも改善点だな

同じことだが、
及び腰にならず、正面に入る
足を動かす。
そんな簡単なことが出来ない。
出来ない理由を考えるより、
出来るようになるために
何をしたら良いかを確認し、
行動していくしかないな。

【精通した専門家】海外にある不動産などの財産に日本の税金はかかるの?

No Comments

相続・贈与センターマガジン7月号より
今からできる相続対策として、
海外にある不動産などの財産に日本の相続税はかかるのか?
を海外の不動産や税にも精通している山内新人税理士から
解説してして頂きました。

日本に住んでいながら海外に不動産を持っている場合、
日本に財産があるのと同じ様に相続税がかかります。
しかし、
ある要件を満たせば、
海外財産に日本の相続税がかからないこともあります。
海外財産がある場合、
どのように相続税対策を行えばよいのでしょうか。

財産が海外にあっても相続税や所得税の対象となる

相続税の考え方は国によって異なります。
被相続人の居住国と相続財産のある国が異なる場合、
被相続人の国籍がある相続税がかかると定めている国もあれば、
相続財産のある国の相続税がかかると考えている国もあります。

かつてアメリカの商品を購入することは、
節税対策が主な理由でしたが、
今は投資が目的となりました。
遡るとサラリーマン金融の雄であった武富士の相続税の還付事件後、
何度も改正され、
現在は全世界課税が日本の国税の原則です。

海外に不動産を所有し、
賃貸収入を得ていた場合や
それを売却し売却益を得た場合、
たとえ海外の口座にプールされていたとしても
日本の不動産所得の申告や
譲渡所得の申告が必要となります。

戸籍謄本等の取得をラクにする『法定相続情報証明制度』とは

No Comments

被相続人が亡くなると、
残された相続人はしばらくの間、
さまざまな相続手続きに奔走することになります。
なかでも被相続人との相続関係を証明するために必要とされる
『戸籍の収集』には非常に手間がかかり、
これが相続人にとって大きな負担となっている実情がありました。
そこで、
2017年に創設されたのが
『法定相続情報証明制度』
です。
この制度を利用すれば、
手続きのたびに被相続人や相続人の戸籍を収集する必要がなくなる
というメリットがありますので、
今回はこの制度について解説していきます。

戸籍の取得は相続手続きの『壁』となっている

相続が発生すると、
被相続人が所有していた不動産や預貯金、株式などについて、
登記の変更や名義変更、解約など、
さまざまな相続手続きをすることになります。
その際に必ずといってよいほど必要になるのが、
『被相続人が出生してから死亡するまでの戸籍謄本等』です。
相続手続きは、
自身が被相続人の相続人であると証明しなければできないため、
各種手続きの都度、被相続人の戸籍謄本等の束を
窓口に提出することになります。
 
「戸籍なんて簡単にとれるのでは?」
と思う方もいるかもしれませんが、
実際にやってみると、
これが大変面倒な作業なのです。
もちろん、
被相続人の戸籍の変動が少ない場合は、
簡単に取得できることもあります。

しかし、
戸籍は、結婚により、新たに作成されますので、
少なくとも2通取得すべき戸籍があるということになります。
さらに、
養子縁組がなされている場合や本籍地が変更されている場合など、
変更回数が多くなれば、
集める戸籍もより多くなります。

戸籍を取得するためには、
本籍地の役所(市役所・区役所・役場など)に直接赴くか、
郵送での請求が必要です。
被相続人が本籍地の移動をしており、
以前の本籍地が遠方だった場合には、
以前の本籍地にも請求をしなくてはなりません。
戸籍をただ取り寄せたいだけなのに、
手続きの都度、
手間と費用がかかることになります。

また、
前述したような相続手続きの際には、
被相続人だけではなく、
相続人全員の戸籍も必要です。
そうなると、
相続人が多いケースなどでは手間もより多くかかりますし、
コスト面でも、
1回の戸籍の取得費用だけで1万円を超えてしまうこともあります。

『法定相続情報証明制度』で戸籍の取得を簡略化

この手続きを簡略化しようと2017年に始まったのが、
『法定相続情報証明制度』です。
これは『法定相続情報一覧図』(戸籍と相続関係を一覧に表した図)を
作成することで、
公的に被相続人の法定相続人が誰かをわかるようにするというもの。
相続手続きの際、
『法定相続情報一覧図の写し』を提出すれば、
戸籍謄本等の束を提出することが不要となります。
つまり、
この制度を利用すれば、
従来の相続手続きの際にかかっていた手間や金銭的負担が
軽減できるというメリットがあるのです。

法定相続情報証明制度を利用したい場合は、
全国の登記所(法務局)で手続きをします。
まず、
相続人が一度、戸籍謄本等の必要書類を集め、
『法定相続情報一覧図』(戸籍と相続関係を一覧に表した図)を
法務局に提出します。
すると、
法務局の登記官が、
その書類を確認したうえで『法定相続情報一覧図』の認証を行い、
偽造防止措置の施された専用の用紙で、
認証文付きの『法定相続情報一覧図の写し』を発行してくれます。

『法定相続情報証明制度』は、
申請料と証明書の写しの発行手数料が無料であり、
法定相続情報一覧図の保管期間中(5年間)であれば
何度でも再発行が可能ですので、
いくつもの相続手続きがある場合などに、
スムーズに事を進めることができます。

もちろん、
手続きの際に『法定相続情報一覧図の写し』を使うことを
義務づけられているわけではありませんので、
従来どおり戸籍を一つひとつ集めて手続きをすることも可能です。
 
この制度により、
法務局や大手金融機関等での相続手続きを
同時に進行することが容易となるため、
費用だけではなく時間の短縮にもなります。
相続に伴う手続きが格段に効率化され、
相続登記が促進されることになるでしょう。
煩雑な手続きを少しでも軽くしたい場合は、
一度検討してみてもよいかもしれません。

※本記事の記載内容は、2020年6月現在の法令・情報等に基づいています。

税理士法人 A to Y
不動産業(相続)メルマガ 7/8号 引用

〒460-0014 愛知県 名古屋市中区富士見町7-11 
電話番号 052-331-0629
FAX番号 052-331-0317