【迅速で正確なマーケティング】重要なのは、提供を受ける側にとって、有益であり、効果的であること

素早い返事と一貫性
これが逆になると
俗に言う小田原評定支離滅裂
仕事となると
大変困り物である。
言葉だけが大至急やります
だが、
結論がなかなか出ず、
時間だけが過ぎていき、
で結局のところ・・・

行う側からみた有意義など
所詮行った側の自己満足に過ぎない。
どんな立派な店内や商品であっても然り。
行う側の拘りなど役に立たない。
野球に例えれば、
偶々、バットを振ったところに
ボールが来た的なこともあるが。
2度めはない。

商売として行う場合も
サービスを提供する場合も
もちろん行政や政治も然り
提供される側にとって
有意義とならなければ、
何も意味も無さない。
そこには
迅速で正確なマーケティング
必要。
それこそが経世済民であり、
表裏一体の政治の姿である。
世の中の困りごとを、
政策や制度を利活用して、
解決していく。
でもそこには、
永続性と継続性を加味した、
自然と共創した絶妙なバランスが
要求されるのだが。

提供される側にとって、
有益で効果的な欲しいものでなければ、
評価はされない。

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様