【生き様】一度失敗をして再起してその後成功をおさめた方は、失敗からいったい何を学んだのか?

失敗とは、
何かを学んだことの証。
その証に気づくことで、
新たな行動を起こすことができる!!
そして、
天は有難いことに、
そこに気づくまで同じ試練を与え続けてくれる。
しかもスケールを大きくして、
早く気づけば、傷口は小さくて済む。
天は、行動の変容を待っている。

小さな会社や組織だと
人生の目的=会社の目的のこともある。

会社の目的を間違えずに持ち続けているところが
永く存在し続けている。
逆に儲けることが会社の目的であるとすれば、
永くは続かない。

門前の小僧習わぬ経を読む。
とは良く言ったもので、
師匠から技を盗むのは、
技術だけを盗み取るのではなく、
師匠がどういう気持ちでその仕事に取り組んでいるのかを含めて、
学びとる。
つまり、
生き様を学び取ると言える。
見て学ぶから覚える。
教えなくても教わっている。
そんな状態が技が伝承されたと言えるのかもしれない。

多くの成功者と言われている人たちが、
少なくとも一度は大きな失敗を経験している。

一度失敗をして再起することで、
失敗の反省を踏まえて、
当初の目的から変わっている。
というか
目的が変わったので、
再起できたのかもしれない。
つまりそれは
人生を学んだということに他ならない。