仏の顔も三度

【言葉に心をのせる】

仏の顔も三度まで。

意味としては、

どんなに温厚な人でも、

何度も無礼なことをすれば怒り出すことのたとえ。(故事ことわざ辞典より)

実は、こんな話しからの言葉のようです。

仏事O&A 其の六十八 http://www.good-stone.com/hp/top/qa/qa-68.htm

 

人は、若かろうが年を取っていようが、間違いを起こします。

でも、そこから何を学び、その後どう生かしていくか、

それはその人次第。

相手にとって不快になること。

相手が嫌がること。

相手の不利になること。

相手が損害を被ること。

等々

ビジネスをしていれば、どうしても避けれれないことがあります。

それは、相手は自分ではないので、

どんなに相手の心を忖度したとしても、忖度しきれない事が発生します。

ただ、ビジネス上の自己満足を他人に押し付けると

相手にとってとっても迷惑なこと、不快なことになりがちです。

残念ながら、自分は、仏様ほど人間が出来ていないので、

3度目を許すだけの心の度量を持ち合わせていません。

ビジネスですので、

相手を信頼し、仕事を任せた以上、

自分にも責任があります。

なので、その責任は自分が負います。

結果について、後始末はしますし、支払いもします。

ただ、もう2度と信頼し、依頼することはありません。