【質の違い】質の高い行動をするために必要なこととは?

例えば、
ボールを遠くに投げる・・・遠投をするときに、
よく少年野球をやっている子供たちにありがちなのが、
5mくらい走ってから勢いをつけて投げる
ということをやります。
が、
ゆっくりと振りかぶって、
ワンステップで投げる
実は、
こちらの投げ方でもほとんど距離は変わりません。

力んで投げても
リラックスして投げても変わらない。
ただ、
違いがあるとすれば、
ボールの伸び・・・相手の近くで失速しておじぎせずに届く
リラックスして投げた方が、
遥かに良い伸びのある質の高いボールとなります。

普段での行動も同じで、
緊張感バリバリより
リラックスして行う方が結果は良いことが多いです。
緊張するなと言っているわけではありません。
緊張した方が、
アドレナリンが出て、良いこともあります。
が、
頭と心は平静にという意味です。

まぁ、
何事にも経験・体験に勝るものはないので、
どんどんチャレンジして
ジャンジャン転びましょう。
転んで立ち上がった時に、
思いも寄らぬギフトが得られます。