ビジネスと他者貢献

【言葉に心をのせる】

ビジネスと一言で、言ったって色々なビジネスの形・解釈がある。

 

食べ物を作ること、そして販売すること。

洋服を作ること、そして販売すること。

野菜や果物を作ること、そして販売すること。

機械の部品を作ること、そして販売すること。

アプリを作ること、そして販売すること。

等々

作るだけの人もいれば、販売するだけの人もいる。

物を販売する人もいれば、サービスを提供する人もいる。

それこそ、十人十色。

ビジネスというたった4文字の配列の言葉なのに、

もしかしたら、相容れない関係であったとしたならば、

それはビジネスではないとお互いがお互いを尊重できない関係に

発展することも考えられる。

人は自分の中にある物差しで、他人を測る。

なので、誤解が生じることもあるし、それが諍いや争いのタネとなる。

それを避けるためにも、他者を尊重することが必要不可欠である。

 

また、どんなビジネスも買ってくれる誰かがいなければ存在できない。

購入してくれる、使ってくれる誰かがいるからビジネスが必要とされ、

存続することができる。

そういった意味では、他者貢献という意識を常に持ってビジネスに取り組むことは、

すごく大切だし、必要不可欠なファクター。

購入してくれる、使ってくれる方が、誰もいなければ、

そのビジネスは必要となれていないビジネスとなる。

 

如何に深く、如何に広く、他者貢献が出来るかを考え抜き、

愛されるビジネスを提供していくことで、

より多くの方から愛してもらえるビジネスに成長していく。