【選択】金融事故から学ぶ金融機関との付き合い方とお金に関する意識を問う質問とは?

不動産投資のセミナーを令和2年8月9日に開催します。
日曜日です。
時間や場所は未定ですが、
オンラインセミナーを考えております。
お金に働いてもらうというマインドを熟成する為の
お金の話しをさせて頂きます。

永続して不動産投資をする場合には、
数行の金融機関と付き合う必要があります。
私の経験からすると
地方銀行の密と信用金庫の密は違います。
なぜなら、
地方銀行と信用金庫の営業エリア範囲が違います。
すると転勤の範囲も違います。
信用金庫であれば、
転勤しても市内か近隣の市内。
どこに移動したの?
って聞けばわかる所ですし、
訪ねてもいける範囲ですが、
地方銀行の場合は、
静岡県の西部の支店から東部の支店へ移動ということも
しばしばです。
そうすると数年経つと何処に行ったかも
分かりにくくなりますね。
金融機関と私たちの付き合いは、
借入が返済するまで続きます。
担当者は、だいたい3年くらいで転勤します。
担当が変わっても良好な関係を保っていくように
人間関係を築いていく必要があります。

お金に関する意識を問う2つの質問があります。
一つは、
お金を手に入れる方法の選択で、
もう一つが、
お金に対する姿勢の選択です。

先ずは、
お金を手に入れる方法の選択の質問です。
あなたはお金を手に入れるにあたって、
仕事をしないとお金は稼げない?
それとも
仕事をせずにお金を手にするようにしたい?
と質問をされたらあなたならどうお答えになりますか?

働かないでお金が入ってくるのは無理だと思うって
考えるのが一般的な答えでしょう。

次は、
お金に対する姿勢の選択の質問です。
お金を支配する側に立ちたい?
それとも
お金に支配される側に立ちたい?
この質問にあなたなら何と答えますか?

支配する側に立ちたいと願うのではないでしょうか。


ですが、
最初の質問で働かないでお金が入ってくるのは無理だと思う
と答えたとすると
それは残念ながら、
お金に支配される側に立っています。

では、
お金を支配する側に立ちたい
と思うのなら
「お金に働いてもらう」
ことを学んで実践することです。
この場を私たちは提供していきます。
是非共に
「お金に働いてもらう」を
学んで実践していきましょう!!