【言葉選び】言葉はその人の○○を表す

どの様な状況かは人それぞれ
同じ言葉でも
温かさに包まれることもあれば、
鋭利な刃物で内面を抉ることになる。
どの情報からその言葉を選択するか
どういう背景があって、
その言葉を選ぶのか。
一つ言えることは、
人は誰も寂しがり屋。
人は一人では生きていけない。
誰かに認めて貰いたい願望を
少なからず持ち合わせているのだろう。

後輩の床屋に行った。
元来、あまり床屋は好きではないが。
床屋ではタオルをよく使う。
普通に自然乾燥させれば、
ゴワゴワ感が出てしまうので、
うちで経営しているコインランドリーを
使ってくれている。
それは有難いことだ。
後輩はランドリーの駐車場で車の中で
乾燥が終了するのを待っている。
こういう方は結構多い。
そういう話しをしていたら、
その後輩の母親が、
「帰ってくればいいのに、あんな所で待ってて」
の一言。
あんな所を経営していてすいませんと
言いたくなったが、やめた。
言葉はその人自身を表す。
そして、人格も品格も含めて表す。
その人の価値を高めるのも
貶めるのもその人が発した言葉に帰結。
改めて言葉の選択には気をつけないと
感じた一言であった。