【興育】周りを巻き込んで、コトを為すのに、最も重要な仕掛けは、・・・

お客様がくる
お客様をお招きする
お客様を取り込む
いずれにしても、
来たくなる気持ちが
起きるようにしなければ、
期待以上どころか
期待通りにことが進むかどうか。
視点を何処におき、
どのような仕掛けをしていくか。

目を見れば直ぐにわかる
真面目に取り組むのか
それとも
不真面目に取り組むのか。
真面目に取り組めば
期待以上の成果が得られるが、
不真面目に取り組めば
それ以上の成果は望めない。
相手の取り組む姿勢がわかれば、
接し方も変わる。
周りを真剣に巻き込みたければ、
自らが真剣に取り組むしかない。
その結果、
周りが真剣にならないこともあるが、
そこは伝え方が甘かったとし、
次のチャンスにそれを活かすことが可能になる。

興味を育む=興育
知人のコピーライターの言葉を拝借する。
興味があるのに対しては、
どんなに時間が掛かろうが
寝食を忘れて取り組める。
逆に興味がないものは
たとえ僅かな時間でも苦痛の極み。
興味を持たせるような話し方や
取り組ませ方を工夫する。
勉強や学習ではない形にこそ
人を育てる極意があるのかもしれない。
ある意味、
周りを巻き込もうとするならば、
この興育こそが、
これからもっとも価値のあるものになるのでは。