【時を司る】本来の自分を取り戻すには、○○が欠かせない!!!

表面ばかり見ていても
本質はわからない。
同じ言語でも
経験の差異によって、
伝わっている深さが違う。
時間は誰にでも公平にある様にみえて、
公平では無い。
有効に時間を使うことの出来る者もいれば無為に使う者もいる。
時を司る
すべて己の心掛け次第

やってもいいし、
やらなくてもいい。
行ってもいいし、
行かなくてもいい。
あってもいいし、
無くてもいい。
何が一番重要なのか
本来の自分であること。
そして、
そこへコミットが出来ていれば、
どっちでもいい。

そして、
何かを行う前に、
一呼吸し確認する。
それで本当に良いのかね?
最近特に気にしている言葉。
これを行うことで、
今が
最適なタイミングなのかを
確認でき、
もう少し待った方が良いのか
それとも
そもそも行わない方が良いのか
を知ることが出来る。
今行うことだけに
捉われず
心の余裕に繋がります。
心に余裕があると
本来あるべき自身のあり方に
近づいていけます。

呼吸を意識することで、
さらにそれを深めていけます。

特に吸うをゆっくりと丁寧に
吸うがおわって
動きと共に呼を。
吸うをゆっくり行うと
吐くもゆっくりとなる。
吸うは短くても長ーく吐くことが出来るが、
吐く短くしても全てを吐き切ることが出来ない。
呼吸のリズムにメリハリをつけることで、
心が平静を保つことが出来、
本来の自分を取り戻せます。