【愛される会社】なぜ半沢直樹がヒットするのか?

金融機関のコロナ対策に対する
貸し出しの姿勢を論じる。
政府系
・日本政策金融公庫
・各県の信用保証協会
どちらの国の機関であり、
制度融資を行っている。
また、
よくありがちなネットバンクは、
お金の貸し出し事業を行っていない。

コロナ禍の中でも政府系は
過去にリスケを行った事業所にも融資を出していたが、
融資を受けられない事業があった。

金融投資系の事業をしている所は借りられない。
なぜなら、
金融投資自体が非常に不安定な状態なため。
なかには、
政策金融公庫に対して、
コロナ対策とその後の10年間の経営計画を
しっかりと作成した上で、
融資の承認を貰った法人もある。

金融機関の現場は、
概ね対応したいと思っているが、
審査部の上役を納得させるのに一苦労。

昔、竹中平蔵が金融マニュアルを導入し、
中小企業への融資を滅茶苦茶にし、
制度そのものは撤廃されたが、
その悪しき習慣が残っている。

例えば、
「それがお客様の為になるのかどうか」
という質問に対し、
YESとNOの違い
実は何も根拠がない。

掛けた時間は取り返せないわけですから
融資が出来ないのなら
断られるのは早い方がよいに決まっている。
先ず方向性を決めてからエビデンス取得が
求められるのではないか。

組織が大きくなればなるほど
人は官僚化する。
すると
顧客より自身の身に寄り添うようになる。
なぜ、
半沢直樹がヒットするのか?
それは、
あくまでもドラマの世界での話であり
現実からかけ離れるからヒットする。
そこに憧れるから。

借入せずに経営していくことがベスト。
そして、
お客様に愛される会社に。