【天界の大時計】時代は変わった!戦って打ち勝つなどという道を選択せずに、永続的継続的な第三の選択を!!!

今、
空を眺めると
朝方、
まだ太陽がその姿をみせる前の闇夜に、
東の空にひと際明るく光る星が1つ。
明けの明星
金星
一方、
夕方、
太陽が沈み、
その気配を消し始めると
南西の空に
太陽系最大の惑星
木星と
リングが特徴的な
土星

先日、
木星と土星が一つに重なったようにみえる
凡そ400年ぶりの接近。
今は、
少しずつは離れていっている。

現代人は空を見なくなったと言われている。
空を見る余裕がないほどに、
何かに追われているのか。
うつむきがちに下を見たり、
最近は専らスマホばかりか。
兎角、
こういった天界での珍しい現象は、
変化の兆しや
地上で起きる何かしらの事件の時を告げる
いわゆる時計であったりする。

何が起きるのか、
良いことばかりであれば良いが・・・
そうとは限らない。

2020年はコロナに始まってコロナに終わる
というか、
コロナは変異種がみつかり、
終息時期は見通せない。
というか、
最初から今までのインフルエンザウィルスより
変化のスピードが速いと言われていたはず。

長い間安全領域に浸ってきた日本人には、
危機管理は出来ていない。
幾つものプレートが交錯し、
これから大きな地震、
南海トラフ巨大地震や東海地震、
東京直下型地震や富士山噴火、
日本海側でも発生が考えられるにも関わらず、
柏崎刈羽原発を再稼働させようとするし。
原爆を広島・長崎で喰らい、
原発事故を福島で起こし、
そして、
次に柏崎で引き起こそうとしているように
感じてしまう。
コロナ同様に、
未だに人類は、
放射能の無害化する処理の仕方を知らない。
(プラズマを利用した無害化を提唱している方がいるが)
であるとしたら、
この溜まったツケは、
払わなければならなくなる。


天界の大時計が示すように、
もう時代は変わった。
戦って打ち勝つなどと愚かな選択をせず、
永続的継続的な第三の選択を模索し、
そちらに意識を向けていかないと。

もう今まで通り、
などというものが通じなくなった世に入ったと認識し、
人の歩みを変えていかないと
人類は滅亡へと向かっていくだけだ。

空をみて、
歩みを変えよう!!