【反復練習】再現性を高め、正確性を上げるためには、先ず○○○○

何千回、何万回やっても
同じ動きになるような動きを
身につける。
但し、
正しい形で。
再現性を高め、
正確性をあげる為に
反復練習が欠かせない。
素振りも然り、
足の動きも然り。
いくら回数を積み上げても
踏み出す足や腰の入れ方を
誤って覚えていたら
上達は見込めない。
耳を素直に傾ける態度も
成長を早めることに繋がる。

1度言われた事を次にやる
修正するように
アドバイスをもらったら
次の時には取り敢えず
やってみる。
やらなければ、
繰り返し練習している意味が無い。
言っている意味がわからなかったら
自分がわかるまで
兎に角、聞き直す。
何年経っても変わっていないということは、
誤った形を習慣化してしまっているということ。
この誤った習慣を変えるためには、
強い意志を持って
悪習慣を変えるように、
意識しなければ
簡単には直らない。
兎に角、
自らに意識づけを刷り込むことが必要となる。