【千里眼】先を見通し、想定外を想定内にするためには、〇〇が必要です。

千里眼
ただ千里先が見えている訳ではなく
先が見通せるということでもある。
ということは、
例えば
落ちそうな穴があったら
それを回避する。
先手を打ち、
その穴を埋めていく。
そして
こちらの最低限の期待値を
平気で裏切ることがある
ということを念頭に置き、
自らの行動を確認する。
想定外を想定することでもある。

不手際を認めず、
覆い隠そうとするが、
わかっている者には
そんな言い訳は通じない。
どんなにコツコツと積み上げてきたものでも、
終わりがお粗末なら
お粗末な結果として記憶に残り、
取り繕った分だけ
信頼度は地に落ちる。
やはり、
その場を取り繕うとするより
非を認めて謝罪した方が、
信頼が増す。

エアコンの温度調節が難しく、
オートにしていても
涼しくなりすぎることもあり。
すべてが万能なんてことは
ないわけである。

NOはずっとNOではない。
たとえ一度NO出たとしても
条件や手段を変えることで、
YESに変えることは出来る。
お互いがもっと良くしていこう
という気持ちがあれば。

潔く手離すことも必要。
だが、
粘って粘って新たな道を
探ることも必要。
その見極めは何処に置くか、
やはり、
何の為にそれを行うか
という目的に沿っているかどうか。