【リスク回避】不動産投資家として不動産を購入する際に、取るべき自己防衛策とは??

前回不動産投資のチャンス到来という話をさせて頂いたが、
チャンスだからといってリスクを取り過ぎるのも将来の負担になってしまう。
投資全般に言えることだが、
不動産投資も分散投資が基本である。

事例を少し挙げると
行政が斡旋している戸建てを持ち賃貸として貸し出す。
京都では町屋の空き家を安く借りてリノベして賃貸へ。


気をつけなければいけないのが、
社宅の一棟貸しでよくあったのが、
派遣会社による一棟借り。

家賃収入が0か100になる可能性が高い。

これは不動産投資の危険度としては高いものである。

法人としてのリスク分散で、
雇用契約・派遣契約・契約社員といくつかの形がある中で、
不動産投資をする側の自己防衛策として、
アパートローンを借りるという前提であれば加味しておくことは、
いついかなる時もリスクをなるべく回避する不動産経営が必要である。
購入する際には、
購入を決断する前から考慮すべき事前準備として、
対象となる不動産の住環境を調べ上げること。

不動産経営は勉強したからとか
持っていたからといって安易にできるものではない。
実際にレントロールすらつけていない所有者もいる。
培われた経験と勘。
そして、しっかりとした出口戦略が必要である。