【リスク回避】不動産投資家として不動産を購入する際に、買いたい誘惑に負けず、取るべき自己防衛策とは

不動産投資のチャンス到来という話をさせて頂いたが、
チャンスだからといってリスクを取り過ぎるのも
将来の負担になってしまう。
次の希望に繋がる明るさも残しつつ、
投資を行う。
投資全般に言えることだが...
不動産投資も分散投資が基本である。

事例を少し挙げると
行政が斡旋している戸建てを持ち賃貸として貸し出す。
京都では町屋の空き家を安く借りてリノベして賃貸へ。


気をつけなければいけないのが、
社宅の一棟貸しでよくあったのが、
派遣会社による一棟借り。
未来の予測をすると、
派遣会社も常に良い状態が続くとは限らない。
極論すれば、
家賃収入が100から一気に0になる可能性が高い。
これは不動産投資の危険度としては高いものである。
出来れば、
避けたいところでもある。

法人としてのリスク分散で、
雇用契約・派遣契約・契約社員と
いくつかの形がある中で、
不動産投資をする側の自己防衛策として、
アパートローンを借りるという前提で
加味しておくことは、
いついかなる時も
リスクをなるべく回避する不動産経営が必要である。
それが飽きない商いにも繋がる。

購入する際には、
考慮すべき事前準備として、
対象となる不動産の住環境を調べ上げること。
未来の予測を立て、
例え、
リスクがあった時に、
それを何度も乗り越えることが出来そうなのか、
次の希望に繋がる明るさが、
見出させそうなのか。

不動産経営は勉強したからとか
持っていたからといって安易にできるものではない。
実際にレントロールすらつけていない所有者もいる。
培われた経験と勘。
そして、しっかりとした出口戦略が必要である。
最初は、真似るからでも構わないので、
最終的に春を導く不動産投資へとしていきましょう。

税理士法人 A to Y
〒460-0014 愛知県 名古屋市中区富士見町7-11 
電話番号 052-331-0629
FAX番号 052-331-0317

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様