【チャンス到来!?】コロナによる自粛ムードが与える不動産投資のマインドと今後の動向は?

積極的に勝負に出る方は、
少しの乱高下でもハイリターンを求め、
積極的にリスクを取るハイリスクハイリターン型であり、
手持ち資金に余裕がある傾向がある。

手控える方は、コツコツ型であり、
こういう不安定な状態の時には、
無理はしない傾向がある。

投資マインドの傾向は、この両タイプに2極化する

車を取り扱う会社が多く存在する地域にある信用金庫の支店長と話しをして、
車のオークションの落札率が、
コロナ前は57%程度であったが、
自粛後は車が不要不急の買い物となり、
20%を下回ってしまった。
そして、
コロナ前は100万円を維持していた車が、
自粛後は現金化したい方が、
安く手離すため値崩れが起きた。

 

いずれ不動産に波及するかもしれない。
どちらかと言えば、
郊外よりも街中に近いエリアで、
多数の物件がある所がそういう傾向になるかもしれない。
元々、郊外は投資目的というよりも
相続対策で建てた賃貸物件が多いし、
街中は、どちらかというと
投資的に建てられた賃貸物件が多いことにも影響する。

衣食住ということで、
普通に生活していく為には、不況でも住宅は必要である。
こういう先行き不透明な経済状況にあると
心理的にも戸建てを買うことにためらう人も必ずでる。
そういう方は、今しばらく賃貸住宅に住み続けるでしょう。

そういう意味でも賃貸物件はコロナ後も必要となる。
こういう情勢なので、金利はしばらく上昇しない。

状況を考えると不動産投資のチャンスともいえる。
賢い投資家にとっては非常に良いチャンスが到来したと。
今後色々な物件が出てくるので、
いかにババを掴まないかの見極めが大変必要となる。
一つのヒントとして、
住環境を確認し、。
10年後のその地域の未来像を想像してみること。