【ご縁】すべてが○であり、○である

人に上もなければ下もない
良い人や悪い人もなく、
良い縁も悪い縁もない。
すべてが鏡であり、幻である。
他人は己自身が写った姿であり、
蜃気楼の様に消えていくもの。
己自身の心のあり方と言動が、
うつし世と呼ばれる現世を
描写しているに過ぎない。
運が悪いも良いもすべて、
己自身の心掛け次第。

ご縁は結ぶ?
それとも結ばれる?
主体言語的には、結ぶだが
縁は選べないこともしばしば。
親や子も選んではいない。
そして産まれてきた時期も。
不動産も特に縁を感じることが多い。
何年も売れなかった物件に
急に買い希望者が数名現れるなんてこともたびたび起こる。
ご縁を結ぼうとしたけど、
結べたのはお一人。
そう思うと縁とは結ばれるものかと
感じてしまう。
すべては人智を超えたこと。