【鍵】為すための3つのこと

忘れていたことを思い出す
心に満ちていたことが、
意識することを
なくしてしまう。
が、
ふとしたきっかけから
それを意識し、
また満ちる。
意識するということが
鍵となる。

練習のための練習では意味がない
実践することを前提に、
練習を重ねなければ、
いざ実践の時に
全く役に立たない
そして、
同じミスを繰り返す
ということは、
意識がいってない証拠
意識をしていれば、
少しずつでも改善されてくるもの
これが出来なければ、
成長進歩など
とても望めない。

気づいただけでは
何も解消されない。
行動を起こし、
その行動を繰り返し、
習慣化されなければ
何も変わらない。
実際に行動に移すのは、
2~5%しかいない。
命の危機に陥っても
パーセントの数字は変わらない。
人が如何に
習慣に支配されているかが
わかる。

出来るまで続ける
とすれば、
出来ないのは過程であり、
道中となる。
きつい坂道も登りきれば、
次からはそのキツさが
心地よいモノに変わってくる。
為せば成る
である。

為すためには、
1、気づき
2、意識し
3、継続し続ける。
これに尽きる。