【無謀な投資】不動産投資のとくちゃんが、絶対にやめた方がいいと断言する不動産投資は?

不動産投資のとくちゃんが、
絶対にやめておいた方がよい不動産投資を
断言します。

誰のための不動産投資なのか
何のための不動産投資なのかをよく考えみましょう。

先ず、手持ち資金の追い金のある不動産投資は、
絶対に止めた方がいいです。
バブル期に流行ったやり方で、
首都圏に住んでいるサラリーマンをターゲットにした
地方のワンルームマンション投資。
1棟ごとではなく、
1部屋20㎡位の物件で、
大体200~300万円程度。
大体赤字になるんです。
要は、不動産賃貸としては赤字にして、
毎月の給料から天引きされている住民税や所得税を
還付してもらうという仕組みになってしまいます。
ただ当時、
何のために買っているのか、
自分にはイマイチ理解できませんでした。
戻ると言ってもそう大した金額でもなく、
今でもこのやり方を続けている会社があると聞くと
結局、誰の為にやっているのかとても不思議な気持ちになります。
これは不動産投資とは、言いません!