失敗しない 不動産を購入する方法

最近は、
ほとんど不動産仲介をしていないので、
直接初めて不動産を購入する方々にお話しする機会、
まったくありません(笑)

先日、知り合いが家を建てたいというお話しを頂いたので、
そのエピソードを交えながら、
失敗しない不動産を購入する方法をお伝えします!

この知り合いの話というのは…
2つの土地でどっちにするか迷っていて、
一方の土地の仲介をしている不動産会社さんに電話したら、
「地主さんからいくらなら買ってくれるか聞いてほしいから希望価格を教えて欲しいって言われたけど、何て答えたらいい?」
という話が始まりで、
その後、
だいたい予算は4500万円位で、
建築してもらうところはまだ決めてないという話になり、
「どうやって決めたらいい?」
と質問を受けました。

ここからは、自分からのアドバイスを。

最初にすべきことは、
土地を探すことでも建築会社を探すことでもありません。

自分たちが購入後、
月々いくらの返済が可能かを明確にすることが大切です。

購入することが目的ではないはずです。

そこで新しい現実を、
より良い人生を送っていくために購入するんですよね~。

はやる気持ちはわからんことは無いですが、
焦っても焦らなくても不動産というものは買える時には買えるし、
買えないときには買えません。

いわゆる、「縁物」です。

普通は、
なかったコトに!って出来ないので、
少し準備をしてから事を始めましょう!!

月々の返済額を明確にすることで、
借入金額の総額を知ることができます。

そうすることで、
土地に割ける金額、
建築に割ける金額、
建築周りに割ける金額、
諸費用、
予備費を知ることができます。

これは、

自己資金を持っている持っていないに関わらずです。

お近くに銀行や信用金庫などの金融機関に行って話をすれば、
大抵は大抵は相談に乗ってくれます。

ただ、
たまに(?)ハズレの担当者がいます。
銀行員だから全ての人が仕事が出来ると思ったら大間違いですよー(笑)。

この人大丈夫かなぁって思ったら、
直ぐに違う銀行に行ったり、
担当者を替えてもらってくださいね。

何せ、
普通は不動産は一生に一回の買い物なので、
まずは、
この人なら大丈夫という人を見つけてください。

不動産会社も建築会社も同様です。

どちらも専門用語ばかり連発する担当者は要注意です。