【法務局の管轄】公正証書遺言にするメリットとデメリットは?

公証役場は、法務省の管轄する役所です。
公証役場は、各地にある法務局の管轄する機関となり、
全国約300箇所に設置されています。
役場と名がついていますが、
市役所とは全く関係がありません。

メリット
公証人という専門家が内容を確認して作成するので、
検認手続が不要となるわけです。
また、公証役場に原本が保管されますので、
例え被相続人の手元にあった遺言書が紛失していたとしても
問題ありません。

デメリット
但し、公正証書遺言作成にあたっては、
遺産の額に応じた作成費用が必要となり、
さらに公証人の面前で証人2名の立会いのもと作成しなければなりません。
手間もコストもかかります。

このメリットとデメリットを比較して、
利活用してください。