【法務局の管轄】遺言書を作成すると決めた際に、公正証書遺言にするメリットとデメリットは?

公証役場は、法務省の管轄する役所です。
公証役場は、各地にある法務局の管轄する機関となり、
全国約300箇所に設置されています。
役場と名がついていますが、
市役所とは全く関係がありません。

メリット
公証人という専門家が内容を確認して作成するので、
検認手続が不要となるわけです。
また、公証役場に原本が保管されますので、
例え被相続人の手元にあった遺言書が紛失していたとしても
問題ありません。

デメリット
但し、公正証書遺言作成にあたっては、
遺産の額に応じた作成費用が必要となり、
さらに公証人の面前で証人2名の立会いのもと作成しなければなりません。
手間もコストもかかります。

このメリットとデメリットを比較して、
利活用してください。

税理士法人 A to Y
〒460-0014 愛知県 名古屋市中区富士見町7-11 
電話番号 052-331-0629
FAX番号 052-331-0317

AtoY 相続事業承継クラブ】

相続の情報が氾濫する世の中・・・
「現場のプロ」があなたにあった生前対策方法を親身にサポートいたします。

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様