【要注意】建築前の近隣挨拶に行かない住宅建築会社の所業を暴露します!!!

建築前の近隣や自治会などへのあいさつに行かない会社。
基本中の基本が出来ていない会社。
家本体だけに予算を使い、
外構にかかる費用をみていない会社。
上っ面の綺麗ごとだけを言う会社。
自分はお客様だから良くしてくれると思ったら大きな間違いですよ。
あなたが持っているお金にしか興味がない会社もありますよ。

実際にあった話です。
ある住宅会社の営業マンですが、
土地の売買契約をする前に、
金融機関に事前に打診することすらしないことがありました。
なぜ打診しないのかと尋ねた私に、
お客さんに失礼にあたるとの回答。
別の住宅会社では、
事前審査をして、金融機関の内諾をもらってから
土地選びに入っていた為
私は尋ねた訳ですが・・・。

口ではお客さんの為にと言っていた会社の営業マンであったが、
実のところ、
お客様の状況をよく理解せず、
測量費や分筆費用だけを使わせる結果となった。
本来測量費は、売主様が負担すべき費用であったが、
分筆を望んだのが買主様ということで、
そのような費用負担となった。
お客様は欲しいという気持ちになれば、
営業マンの言うことを信じてしまい、
やらなくても良いことをやってしまう。
それをとどまらせてやらないのが
本当にお客様のことを考えた良い営業マン。
お客様のためにと言いつつも全くお客様の為になっていなかった。
住宅ローンの審査に通らなかったら白紙解約となる
ローン特約の停止条件付の契約でしたので、
売主様にも迷惑をかけた結果となった。
だが、この頭の悪い営業マンは、
最後まで自分の正当性を主張し、
みっともないやつにしか私には映らなかった。

そんな会社にやって来る人たちの中には、
自分以外の方の仕事に対して敬意を払えない方。
不動産会社に支払う手数料がもったいないという方。
こういう方がいた。
自分が生きていく為に、
代わりにやってくれる人がいるから自分が存在し、
暮らしていけることを意識できない自分本位な人が、
集まるのだろう。

自分たちはお客様からみて、
いいもん(善い人)になろうとして対立構造をわざと作る。
例えば、
CMをやっている会社はその分が本体価格に反映されるが、
CMをしない手前どもの会社はその分のコストがかかりませんとか。
HPをみても自分たちが良いようにみられたいだけ。
周りの業者を小間使い的に考え、
実際に使っていた。
一事が万事である。

結構ディスりました(;^_^A
これでも柔らかくしときました(笑)

一括りにはしていけないですが、
建設会社には独善的な性質なのか
見積もりから増えても平気で請求してくることがあります。
実はその感覚がわかりません。
平気で1000万円オーバーして請求してくるような会社とは
普通長いお付き合いができないですよね。

新築の一棟賃貸マンションの利回りが4%って、
明らかに建設会社のご都合主義の際たるもん。
しかも表面利回りなので、
実質はそれ以下。
全室入居していてですから、
1部屋2部屋と退去者が続き、
その状態が永くなってしまったら
手持ち資金が一切残らない状況となってしまいます。

全額借入の100%融資は、
ケースとしてはありますが、
気を付けないといけないのは、
この利回りがめちゃくちゃ低い場合、
月々の出入りでショートしている場合。
です。
背景に何もない場合、
通常、銀行の融資は難しいと判断すべきですし、
そのケースは購入を控えるべきです。
相続対策として借入金を増やしたい方は別です。
あくまで、
不動産投資を事業として、
副収入を得たい方や
不労所得を得たい方や
起業や脱サラをして安定的な資金が欲しい方は、
将来のキャピタル(売却益)を当てにするような事業計画は、
選択すべきではありません。
ある意味、
事業計画として破たんしている言えます。
それこそ、逆金利です。
何故なら、
資産は目減りしていくのが日本だからです。


当たり前のことですが、
仕入れが一番大切です。
抑えられる経費はなるべく抑えた方がいいですね。