【肯定】言葉は相手との調和を目指し、交わすもの

否定することは簡単
先ずは肯定する言葉から会話を始める
意図と違うことがあれば、
その後に
こうしても面白いかったかもしれない
と提案してみる

人は兎角
都合の良い所だけ切り取り
都合の良い様に解釈する。
であれば、
どうするか。
それを前提として
話しを組み立てていかなければ、
いつまで話しは平行線を辿る。
どういう方向に
持っていくか
持っていきたいかを
踏まえて。

言葉は相手との調和を目指し、
交わすもの。