【入居者の立場になって自問自答】ご所有の不動産を長期安定経営にできるかは、「 どうしたら継続的に入居率を高めることができるか?」この問いを的確に埋められるかどうかが鍵となる!!

長期安定経営の為の戦略を練る上で、
孫子の兵法でいうところの
彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。
彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし。
に照らし合わせてみると
絶対に欠かせないのがバイアスのかかっていない情報を収集すること。
これがとても大切であることは前回お伝えいたしました。

長期安定経営にする為には、
先ずはどうすれば良いのか?

不動産経営の安定化の為には、
入居率を高める(入居者を増やす)ことを継続的に行っていくことです。

入居率が高まらないと不動産を手放さないといけない状況になります。

リスクの中でも特に、
ケアしなければいけないのが、
空室リスクです。


でも空室がイヤだからと言って、
家賃をどんどん下げていくのは賛成できません。
何故なら、
家賃を下げることで、
入居者の質が下がります。
すると、
家賃の滞納リスクが高まってくるという悪循環に陥りやすくなります。

なので、
家賃を下げるという策は、
下の下であり、
これを言ってくる不動産管理会社でしたら、
直ぐにでも違う管理会社にすることをお勧めします!!
絶対に。

なぜなら、
その不動産管理会社は、
自らアイディアや創造力の欠如を宣言しているものだからです。

入居率を高める(入居者を増やす)ことに注力していくわけですが、
入居者を大切にするのに良い方法は無いか?
不動産の価値を継続的に高める良い方法は無いか?
自分が入居者であったらどのように考えるかを自問自答してみてください。

入居者も十人十色です。
価値観も十人十色。

入居者の言うことを何でも聞けば良いかというとそれは違います。

一人の言うことを聞いていたら、
全体の不利益になることも当然あります。
その場合は、
全体の利益を優先すべきです。
受け止めるだけで受け入れる必要はありません。
聞くだけでなく、
出来ないものは出来ないと伝えてください。

それで退居を申し出てきたら、
それまでのご縁であったと思い、
素直に退居して頂きましょう!!

どうしたら継続的に入居率を高めることができるか?
この問いをご自分の物件の特徴(デメリット)を鑑みて、
自問自答してください。

ご所有の不動産を長期安定経営にできるかは、
この問いを的確に埋められるかどうかが鍵となります。

酸っぱい経験を沢山知っている不動産投資のリカバリストだからこそ春を導く不動産投資

100万円から始める不動産投資】
不動産投資に興味ある方
資産形成に不動産投資を検討している方
起業を考えているが、安定した収入源を持っておきたい方

不良債権を優良債権へ 酸っぱい経験を知っている不動産投資のリカバー専門が次に繋げる

【賃貸買取物語】
入居率の低下で悩んでいる賃貸をお持ちのオーナー様