【チャンスを掴む】不動産投資家が時間を惜しまず日頃から心掛けておくことは?

不動産投資をする側にとっては、
全額自己資金を用意するでなければ、
必ず金融機関とのかかわり抜きにしては、
不動産投資は語れない。

金融機関といえば、
メガバンク(都銀)・地銀・信金・信組・JA・ノンバンク系等々
その中で、
メガバンクはある程度規模の大きな中堅企業以上や
個人でいえば所謂富裕層と呼ばれる方たちとの取引が主である。

最近の起業家はネットバンクしか口座開設していないことも多くみられる。
残念ながらネットバンクは、基本お金を借りられない。

お金を借りる対応策として、
日頃から金融機関の融資担当と人間関係を作っておくことをお勧めする。
いきなり行って、
「お金貸してください!!」
と言っても難しいことの方が多い。

一般的に住宅ローンであれば、勤務年数や勤務先を重視することが多いが、
不動産投資は違う。
その辺りは、各金融機関のカラーがあるので、
そのカラーを見極める必要がある。

地方銀行はどちらかと言えば、
自己保身が強く、
顧客より社内の受けを良くしたい的な色合いが強くある。
信金はどちらかと言えば、
地方銀行ほどエリアが広くないので、
転勤になっても遠方に行くことがないので、
顧客側に立っている感じがある。
ただ、信金はエリア制限が狭いので、その点を留意すること。
それぞれの金融機関によって人でいうクセみたいなものがある。
どの金融機関もエリア外の融資は難しい。

ご縁を大切にする。
情報を集める。
物件探しも銀行に依頼する。
人間関係とは、
水道(みずみち)を作る作業である。

私は、以前お世話になり、
転勤になった支店長や融資担当に近くに行ったら
その支店に寄って来るようにしている。
やはり、
現場を大切にすることである。